FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カカオバターとは、カカオ豆に40~50%程度含まれている脂肪分のことです。「ココアバター」とも呼ばれています。

カカオバターは、チョコレートを作る過程で、カカオ豆を細かくすりつぶしたペースト状の「カカオマス」を搾って得られる脂肪分です。

カカオバターは常温では固体で、色はクリーム色(淡黄色)で無味ですが、ほのかにココアのような甘い香りがします。また、人の体温に近い30~35度くらいで溶けて、お肌と馴染みやすいという特性があります。


注目されるカカオバターの効能


ある種の植物性オイルには、天然の保湿成分が含まれているものがあり、近年、脚光を浴びています。

植物オイルの中でも、カカオバターが今注目を集めている事を美容、アンチエイジング、ダイエットなどの効果が期待され、今注目を集めているという事実をご存知でしょうか?

カカオバターには、お肌の美容、アンチエイジングやダイエットなど多くの効果が期待されています。


 ▼ カカオバターの効能


スポンサーサイト


ローチョコレートの始まりは、1970年代のアメリカ西海岸であると言われています。

ローチョコレートの語源は、「」を意味する英語の「raw」です。ローチョコレートとは、カカオ豆をはじめとする原材料を48度以上に加熱せず、低温処理によって作られたチョコレートを指します。

ローチョコレートの製造では、通常のチョコレートの製造工程で行われるカカオの発酵・乾燥後の焙煎が省略されているので、加熱によるビタミン、ミネラル、ポリフェノール、テオブロミンなどの栄養素の破壊がかなり抑えられています。カカオ豆を発酵させた後に加熱しないため、ローチョコレートは味噌などのように生きた発酵食品なのです。

カカオに多く含まれているポリフェノールは、老化や生活習慣病などの大きな要因とされる活性酸素の働きを抑制する「抗酸化物質」として注目されています。そのため、ローチョコレートは通常のチョコレートと比較すると、抗酸化作用などがより多く期待されています。




アナナとは、フランス語で「パイナップル」を意味します。

また、スペイン語やドイツ語では、パイナップルのことを「アナス」と言います。


HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。